組合概要

組合概要

名称高効率モーター用磁性材料技術研究組合 (略称:MagHEM)
Technology Research Association of Magnetic Materials for High-Efficiency Motors (MagHEM)
設立年月日平成24年9月25日
組合員ダイキン工業(株), (一財)金属系材料研究開発センター, (国研)産業技術総合研究所, (株)デンソー, トヨタ自動車(株), 三菱電機(株), (株)明電舎
(5企業,1国研,1団体)
事業費平成29年度4億円
事業の概要高効率モーター用磁性材料及びこれを用いたモーター設計に関する研究開発

 

高効率モーター用磁性体技術研究組合 構造図

組合設立の目的

現在のレアアース添加型磁石を上回る性能を持ちながらレアアースを使用しない革新的な高性能磁石等の開発、及び内部エネルギー損失を低減するための高効率軟磁性材料(鉄心)の技術開発とモーター全体の設計見直しを通じて、モーターの小型高効率化を実現する。

実用化の方向性

①ジスプロシウムを使わないネオジム磁石の高性能化技術開発

目標:最大エネルギー積 1.5倍 (180℃)
②ネオジム磁石を超える新磁石開発目標:最大エネルギー積 2倍 (180℃)
③軟磁性材料開発目標:鉄心で失われるエネルギーを80%削減
④高効率モーターの実現目標:モーターのエネルギー損失を40%削減、
モーターのパワー密度を40%向上

 

事業化の目途の時期

①ネオジム磁石の高性能化

2017年めどに実用化へ
②新磁石開発2022年めどに実用化へ
③軟磁性材料2017年めどに実用化へ
④高効率モーター2022年めどに実用化へ

 

組合組織図

 

高効率モーター用磁性体技術研究組合 組織図

組合員リスト

  • 一般財団法人金属系材料研究開発センター
  • 国立研究開発法人産業技術総合研究所
  • ダイキン工業株式会社
  • 株式会社デンソー
  • トヨタ自動車株式会社
  • 三菱電機株式会社
  • 株式会社明電舎